スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たむたむす~るにオリジナルマップを追加する方法

たむたむす~るへのオリジナルマップ追加の方法です。

概要
自作マップをMDLデータに変換して、たむたむす~るのビューワモードとフリーHの背景に登録します。


用意するもの
・MQO(ver 2.2互換)データで製作したモデル
・OrientalDarkFlight


手順
1. たむたむす~るのデータ管理から、MQOファイルを適当なオブジェスロットに読み込みます。

2. インポートしたデータが \data\MapObj\Model\edit_* の対応するスロットに読み込まれているので、フォルダごと \data\Map フォルダにコピーし、適当な名前にリネーム。

3. \data\Map\MapList.dat 内に、下記にならって記述を追加。他の設定値は、他のマップファイルを参考に。

[MapData_Start]
80001 #他の設定ファイルから参照されるID
[ModelFile_Base]
1 #mqoファイル内のオブジェクト数
Map/tam_chapel/tam_chapel_01.mdl #mqoのオブジェクト毎にmdlがひとつ生成される
[MapData_End]

4. ビューワモードへの追加は \data\EditData\BG_Models.dat に下記に習って項目追加。 *要復号化&再暗号化

チャペル 80001 0,0,0,0
#リストに表示される名前/MapListのID/XYZ座標とY軸回転
#X軸が画面向かって右、Y軸が画面向かって上、Z軸が画面向かって奥

5. フリーHへの追加は \data\EditData\BG_H_Pos.dat に項目追加。 *要復号化&再暗号化


補足
ver.4ではmqoのマテリアルの透明度は反映されません。透過させたい場合は、テクスチャマップをTGAファイルに変更し、アルファチャンネルを加工。さらに、MDLファイルをテキストエディタで開いて、該当部分のTransparentを1に書き換えてください。

かわいそうなおとうさんさんのチャペルをこちらの方法で登録してみました。

tech_0335.png

スポンサーサイト

たむ式メーカー(ALP2PMX)でテクスチャを変える

画像掲示板で質問をいただいたので、ALP2PMXでのテクスチャの変換方法を簡単に説明します。
とりあえず、私はPhotoshopを使っているのですが、無料のGIMPをインストールしてみたので、GIMPで解説します。なお、GIMPの操作には慣れていないのでご了承を。


まず、テクスチャがどういう構造になっているか、確認するために心愛さんの制服に試しにペイントしてみます。こんな感じで。

tech_0237.png


次に、ファイルをALP2PMXにD&Dし、『ALP⇒MQO,TGA』を押して変換します。
すると、ALP名のフォルダが生成され、中身はこんな感じになります。この中の、『5-cloth_k_0000』が制服の上着のフォルダとなります。

tech_0238.png


制服のフォルダを開くといくつかファイルが生成されていますが、『uni1_blouse.bmp』と『uni1_jac.bmp』はオリジナルのテクスチャとなります。このファイルは暗号化されていますので、もしオリジナルのテクスチャを流用したい場合は、ODFツールで復号化する必要があります。なお、これらのテクスチャを変更しても変換には影響はしません(たぶん)。

ペイントされた情報はどこに行っているかというと、『Wear_101_t0_top_L@CLOTH_K_0000_IMP.ODF.tga』と『Wear_101_t1_top_ERI_L@CLOTH_K_0000_IMP.ODF.tga』に透明チャンネルと共に収納されています。ペイント用のテクスチャはデフォルトで真っ黒ですが、透明チャンネル(アルファチャンネル)が黒のため、透過され、ゲーム画面には表示されることはありません。(Photoshopで開くと真っ黒、GIMPで開くと透明にて表示されると思います)

tech_0239.png


上着のペイント用テクスチャは『Wear_101_t1_top_ERI_L@CLOTH_K_0000_IMP.ODF.tga』になるので、GIMPで開くとこんな感じです。先ほどペイントした情報のみが表示されていて、他の部分は透明です。

tech_0240.png


GIMPの取り扱いはよくわからないのですが、この状態でオリジナルのテクスチャ『uni1_jac.bmp』をD&Dしてやると、そのままコピーできました。Photoshopの場合は、配置するか、両方のファイルを開いてコピペすればokです。(『uni1_jac.bmp』は複合化する必要があります)

tech_0241.png


このテクスチャを試しに変更してみます。とりあえず、ボタン以外の部分の色を変えてみました。これを保存するのですが、もし、元のペイント用テクスチャを上書きしたくない場合は、元のテクスチャの名前を変更しておいてください。

保存の方法ですが、『~に上書きエクスポート』をしてしまうと、RLE圧縮の選択ダイアログが出ないようなので、『名前をつけてエクスポート』で書き出します。もちろん上書きするのですが、この際、ダイアログが出ますので、『RLE圧縮』のチェックボックスを外して保存してください。RLE圧縮されたテクスチャはALP2PMXでは取り扱えません。

tech_0242_.png


最後に、ALP2PMXで『MQO,TGA⇒ALP』のボタンを押し、変換を終えます。(RLE圧縮されたTGAファイルはこの時点でエラーとなります)

たむたむす~るでロードしてみると、上着の色が変わっています。

tech_0243.png

一部のテクスチャの不具合を修正する方法

以前、こちらの記事で紹介した一部衣装のテクスチャの不具合の修正方法ですが、実際に試して、簡単な互換性のテストを試みてみました。完全とはいえませんが、今のところは問題は無さそうです。

修正方法は、ODFを使って復号化し、1280x1208pxのテクスチャは1024x1024pxに、1280x640pxのテクスチャは1024x512pxに、画像加工ソフト等で変換して置き換えます。再暗号化は必要ありません。解像度的には80%程度に下がってしまいますが、ペイントの際、色拾いやぼかしが機能しなかったり、フリーズしてしまうことを防止できます。

以上、自己責任でお願いします。バックアップは必ず取って置いてください。


テクスチャサイズに不具合のある衣装についてはこちらの通り。
現在のところ、メインの衣装以外はチェックしていません。
瞳も同様の方法で1024pxに統一すれば大丈夫ではないかと思いますが、512pxでペイントしたデータは逆にエラーの原因となりますのでご注意を。

・ボーダーシャツ (cloth_1706) のパンツ部分
・南国ショーパン(cloth_80007) のパンツ部分
・総帥ドレス (cloth_5001) のフリル部分(TGA)
・騎士ドレスS (cloth_70000)
・貴婦人ブラウスS (cloth_70001) のブラウス/リボン部分(BMP)
・ブラック☆ジャケット (cloth_70002)
・船長ドレス (cloth_70003) のスカート/ジャケット部分(BMP)
・異世界かっぽう着(cloth_70004)
・魔少女ユニフォーム (cloth_70005)
・異世界制服 (cloth_70006) のボディスーツ以外全て
・パピヨンドレス (cloth_70007)
・プリティスパッツB (acce_b_3001)

ボーンスケール変更

tech_0096.png透過好きさんやyomeko023さんたちの研究の結果、Posファイルのボーンスケールを自由に変更することができるようになりました。最終的にyomeko023さんが作られたPosEditでひと通りの変更が行えるようです。詳しくは、嫁こねっと。のたむたむストレージ、yomeko023さんの2015年11月8日投稿分から確認してください。(こちらの画像が目印


tech_0094.pngPosEditはデフォルメキャラを作るのに便利ですが、何より素晴らしいのはもともと問題のあるバランスの四肢を正しく調整できるところです。たむたむす~るのモデルは、肘から先や膝から先が長すぎるため、正座や体育座り、胸の辺りで手を合わせるポーズが非情に苦手です。肘と膝の位置を調整するだけで、ポーズがしっくりくるようになります。



tech_0095.png既存のポーズにも、子階層コピーで四肢だけコピーしてくれば、少ない手順で適用することができます。

注意点ですが、他のポーズデータと同様、ver.5で製作したポーズはver.4では正しく表示されません。胴の長さを標準に治せば表示自体は正しくなるようですが、実用的ではありませんので、配布を考えるとver.4で製作した方が便利です。



最後に、配布してるポーズ(DL)の変更点を挙げておきます。(2016年4月2日 更新しました)

Frame7_RightForeArmRoll 1.304302 > 1.176228
Frame28_LeftUpLeg_momo_2 1.686444 > 1.898596
Frame30_RightUpLeg_momo_2 1.686444 > 1.898596
Frame31_RightLeg_sune_1 0.699157 > 0.643811
Frame32_LeftLeg_sune_1 0.699157 > 0.643811
Frame37_RightLegRoll 1.980861 > 1.824055
Frame38_LeftLegRoll 1.980861 > 1.824055
Frame40_RightArmRoll 1.008155 > 1.136229
Frame42_LeftForeArmRoll 1.304302 > 1.176228
Frame50_LeftArmRoll 1.008155 > 1.136229

たむたむす~るのペイントのブラシサイズを変更する

たむたむす~るのツールは、ある程度であれば設定をいじる事ができます。中でも便利なのがブラシサイズの変更です。ブラシサイズを変更することで、テクスチャ解像度の高い部分を広くペイントしたり、ベタで塗りつぶすのが簡単になります。また、衣装によっては不具合でブラシが全く届かないものがあるので、そこにブラシを届かせることもなんとかできたりします。

変更する箇所は次のファイルです。復号化した後は、暗号化して使ってください。

インストールフォルダ \data\EditData\ToolUI\ModelPaintEdit\MPT_PaintPoint.dat

内容は下記の範囲の50.0の部分を100.0に変更します。50なんて半端な数字ですので、本来は100だったのかもしれません。

Type:Slider 0.0 50.0 範囲

Type:Slider 0.0 100.0 範囲

ペイントサイズ比較さて、ブラシサイズを倍にしてしまって問題は無いのかというと、実は全くありません。右の画像を参考にしてみてください。何しろ、2tick毎にブラシサイズが1程度上がっていたものが、1tick毎に1上がるようになるだけなのですから。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

プロフィール

よねすけ

Author:よねすけ
こちらではたむたむす~るの改造ネタを扱いますので、興味のある方のみご覧ください。

たむたむす~るを作ったTEATIMEとツール製作に関わられたすべての皆様に感謝を。

We love たむたむす~る.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。