スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部のテクスチャの不具合を修正する方法

以前、こちらの記事で紹介した一部衣装のテクスチャの不具合の修正方法ですが、実際に試して、簡単な互換性のテストを試みてみました。完全とはいえませんが、今のところは問題は無さそうです。

修正方法は、ODFを使って復号化し、1280x1208pxのテクスチャは1024x1024pxに、1280x640pxのテクスチャは1024x512pxに、画像加工ソフト等で変換して置き換えます。再暗号化は必要ありません。解像度的には80%程度に下がってしまいますが、ペイントの際、色拾いやぼかしが機能しなかったり、フリーズしてしまうことを防止できます。

以上、自己責任でお願いします。バックアップは必ず取って置いてください。


テクスチャサイズに不具合のある衣装についてはこちらの通り。
現在のところ、メインの衣装以外はチェックしていません。
瞳も同様の方法で1024pxに統一すれば大丈夫ではないかと思いますが、512pxでペイントしたデータは逆にエラーの原因となりますのでご注意を。

・ボーダーシャツ (cloth_1706) のパンツ部分
・南国ショーパン(cloth_80007) のパンツ部分
・総帥ドレス (cloth_5001) のフリル部分(TGA)
・騎士ドレスS (cloth_70000)
・貴婦人ブラウスS (cloth_70001) のブラウス/リボン部分(BMP)
・ブラック☆ジャケット (cloth_70002)
・船長ドレス (cloth_70003) のスカート/ジャケット部分(BMP)
・異世界かっぽう着(cloth_70004)
・魔少女ユニフォーム (cloth_70005)
・異世界制服 (cloth_70006) のボディスーツ以外全て
・パピヨンドレス (cloth_70007)
・プリティスパッツB (acce_b_3001)
スポンサーサイト

全身mqo

tech_792.jpgとりあえず、なんとか素材が準備できました。mqoモデルはテクスチャを貼って、こんな感じに仕上がっています。発射管の上部カバーに大量の頂点があり、加工しやすい格子状になっています。テクスチャ6枚もこの部分にほとんどを費やしています。上の2つの魚雷発射管はディテールパーツを残してあり、左右で別のテクスチャになっています。他はすべて左右対称のテクスチャです。


tech_793.jpgレイアウトとしては、あまり腕や足に密着するのも加工し辛いかと思いましたので、まずはざっとこのようにレイアウトしてあります。実際には腕や足に連動するので、そのままでは使い物になりません。

体は、上半身の上のボーンにディテールつきの発射管を1組、上半身の下のボーンに2連装を1組、腰のボーンに4連装を1組入れる予定。

腕は、左右対称にまず上腕に4連装を1組、肘(上腕と下腕に50%ずつ)に2連装を1組、下腕に5連装を1組、手に5連装を1組の予定。

脚も左右対称に、腿に5連装を1組、膝(腿と脛に50%ずつ)に2連装を1組、脛に4連装を1組、足首(脛と足に50%ずつ)に2連装を1組、足に2連装を1組入れる予定です。


移植には、妖精さんが開発してくれたODFのウエイト変更ツールを使います。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

たむたむす~る不具合素材情報

たむたむす~るの各種素材の不具合について、いきなり全部を思い出して書くのは、行き当たりばったりな部分も含め、難しいので、思いついたら書き足していきます。

なお、不具合は環境によっても変わるかもしれませんのでご注意を。たとえば、たむたむす~るを再起動するだけで不具合が直る場合もあります。一応、私の環境では再起動しても無理だったものを記載しておきます。


●顔のペイント情報

これは、それぞれのヘッドでUVマップ情報が異なるので仕方が無いと思いますが、致命的な部分もあるのでメモしておきます。先日確認したのは咲姫ヘッド+愛美目(Red)でしたが、解像度の違う瞳との組み合わせでは起こりうると思います。

通常のペイントは一見問題ないのですが、ぼかしができなくなり、下手するとたむたむす~るが強制終了します。もし上記のような組み合わせで一度でもペイントを行うと(例え瞳以外の部分でも)、ペイントをリセットしない限りは、たとえ目だけデフォルト等に切り替えても、ペイント情報に不具合が生じてしまいます。これはペイントレイヤーとぼかし操作のUV情報が狂ってしまうのが原因ではないかと思います。ぼかしでよく問題が起こるのはこの辺の整合性が取れてないんじゃないかと思います。

【対策】
瞳の元のテクスチャをすべて解像度の高いほう(512x512px)に統一してしまえばいいのではないでしょうかとのことです。まだこちらは試していません。


●UV情報の不具合

サンタ服2011のショールのファー部分には左右で同じテクスチャを使っており、UV情報が共通なのですが、こういう部分は他の衣装の場合、どちらをペイントしても問題ありません。しかし、サンタ服2011の場合、片側からしかペイントできず、しかも反対側にぼかしコピーを使うとそれ以降、一切のペイント操作ができなくなります。一度、ホーム画面に帰ることで操作が可能になります。

この手の不具合は各種パターンがあり、両方ペイントできるけれど突然ペイントできなくなったりするので、調べれば他にあると思います。なお、ペイント操作できるUV情報の不具合で、通常はどうやってもペイントできない服(ブラウンドレス等)があります。

【対策】
ログイン式のページに、UV不具合を修正したODFファイル(UV正規化.zip)がアップされています。バックアップを取った上で、ファイルを入れ替えます。


●パピヨンドレス

色拾いを行っても、ペイントした部分ではなく、元の地の部分のテクスチャを拾ってきます。

【対策】
1280x1280pxのテクスチャを1024x1024pxに差し替えます。ペイントレイヤーがもともと1024x1024pxなので起こる不具合ですので、テクスチャを変えても、ペイントされたファイル自体に問題は発生しません。他の同様の不具合も同じ方法で修正できます。他にも、イレギュラーなテクスチャサイズの素材で発生しますので、色拾いに問題がある場合はまずこちらの解決方法を試してみてください。


思い出したら追記していきます。

ver.4環境での製作

以前からtwitterでちょこちょこ話していたことですが、私はver.5の素材でも、ver.4環境で製作しています。tamzoneやオープンな場所ではver.5で保存しなおしてからアップしていますので、表示自体は問題ないと思います。

ver.5には素材が2種類あって、ひとつはver.4までの店舗特典衣装です。こちらは喉から手が出るほど欲しかった素材群でして、当然ver.4互換のため、odfフォルダの中の素材の移動と、ItemData.datへの追記で移行できます。

もうひとつの素材はver.5で追加された新作素材です。こちらはver.4の素材とは全体的な作りのセンスも大きく違いますが、そもそもの構造が違うようで(某ブランドの人が作ったんじゃないかな)、ver.4で使われていないボーン*を持った素材や、カスタムには不向きな法線マップ(ペイントしても陰影が浮き出る素材がそれです)を持った素材、無駄に細かくパーツ分割された素材(衣装一式で4スロットも5スロットも取ってしまう迷惑さ)があり、中でもボーンと法線マップは致命的です。

頭装備のボーン自体はODFツールで書き換えれば良いというような話(ODFツールじゃダメだそうです)も聞いていますが、あまり興味のある素材が無いので試していません。というより、ver.5素材で面白そうな素材は火炎放射器とピアス(こちらは特典衣装で問題なかった模様。金の耳飾の間違い。)くらいですけどね。(どちらも移行は無理) これまで、ver.4準拠した素材しか使っていないのはそういう理由です。


さて、ver.4環境で作った場合の利点ですが、あまり多くはありません。alpファイルをver.4にダウンコンバートする手間が省けるとか、ver.5.0じゃなくてもぼかしコピーできるとかいうくらいでしょうか。SSの撮影はver.5のビューワーモードの方が遥かに優れています。

ただ、ver.5.1(5.2?)以降でぼかしコピーできないというのは、ペイントをする人にとってかなり致命的ではあります。ぼかしコピーはペイントの下地を作るのに非常に重要だからです。顔のような微妙な色合いのペイントをするときや、真っ黒に近い衣装にペイントするときはぼかしコピーをかけないと、ペイントレイヤーの透過部分との境が際立ってしまうからです。

ver.5の場合、手順的にはver.5.0での下準備が無いと作れないデータではありますが、その辺はご容赦ください。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。