スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左右対称化

たむたむす~るで左右対称性が失われた場合の復活方法をメモしておきます。

まず必要な外部ツールです。
・たむ式メーカー (alp2pmx)
・Metasequoia (無料版でも可無料版はプラグインが使えないようなので無理でした 今回試したのはver.3)
・左右対称化 Symmetrize プラグイン (Tarkさん製作)

左右対称化 Symmetrizeについては、こちら(http://tark.sakura.ne.jp/)にて配布されています。(製作者のTarkさん、非常にありがたいツールを配布いただきありがとうございます。)インストール方法はプラグイン内のreadmeを確認してください。

大まかな手順については、概ねこちらの通りです。たむ式メーカーで変換できない場合については、別に記事にする予定です。

1. たむ式メーカーにて、『ALP⇒MQO,TGA』化する。
2. 左右対称化の必要な素材のmorp.mqoをMetasequoiaで開く。
3. 左右どちらか半分の頂点を選択し、『選択部処理/Symmetrize near Vertex』で左右対称化。このとき、選択したオブジェクトのみ(1つだけ)が処理されます。
4. 必要なら、左右中心の頂点を、『選択部処理/頂点の位置を揃える』でX軸 0の位置に移動します。
5. morp.mqoを保存。
6. たむ式メーカーにて、『MQO,TGA⇒ALP』化する。

3の際、左右対称位置にある近くの頂点を探して選択部頂点を移動させますが、このときズレが非常に小さい場合は問題なく処理されますが、ほとんどの場合、ズレが気になるので左右対称にしたいということが多いと思います。


ズレが大きい場合に起こる問題と確認の方法ですが、ひとつめは、左右対称位置に頂点がない場合。

選択部分が左右対称化された場合、頂点は選択が解除されますが、左右対称位置に頂点がない場合、選択されたまま残ります。この場合、頂点位置を動かしながら左右対称化を繰り返せば何とかなる場合があります。ただ、頂点位置がずれて本来の並びとは違う、別の頂点の位置に移動してしまっている場合もあるので気をつけます。

もうひとつは、二つ以上の頂点が一箇所に集まってしまう場合。

これは頂点が密集している場合によく起こります。簡単な確認方法は、undoとredoを繰り返して、頂点が減って見える場所がないか探します。厳密な確認方法は、頂点を全て選択して『オブジェクト/近接する頂点をくっつける』でくっつく頂点がひとつもないことを確認することです。

ただし、最初から複数の頂点が一箇所にまとまっている場合もあるので気をつけましょう。のどかヘッドの場合目の周りに38個(だったかな?)の頂点と、口周りに55個の頂点の重なりがあります。確認時に誤ってこれらの頂点をくっつけないように小まめにセーブしておきましょう。

頂点位置は、視点を変えながら移動で大まかに位置を調整し、左右対称化と確認、undo/redoを繰り返しながら調整します。
あと、有効かどうかはわかりませんが、全選択後、拡大縮小で100倍に拡大、処理後に1/100に縮小して処理してみました。Symmetrize の動作から考えるに、あまり意味はないかもしれません。


たむたむす~るを作ったTEATIMEとツール製作に関わられたすべての皆様に感謝を。
We love たむたむす~る.
スポンサーサイト

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。