スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たむたむす~るにオリジナルマップを追加する方法

たむたむす~るへのオリジナルマップ追加の方法です。

概要
自作マップをMDLデータに変換して、たむたむす~るのビューワモードとフリーHの背景に登録します。


用意するもの
・MQO(ver 2.2互換)データで製作したモデル
・OrientalDarkFlight


手順
1. たむたむす~るのデータ管理から、MQOファイルを適当なオブジェスロットに読み込みます。

2. インポートしたデータが \data\MapObj\Model\edit_* の対応するスロットに読み込まれているので、フォルダごと \data\Map フォルダにコピーし、適当な名前にリネーム。

3. \data\Map\MapList.dat 内に、下記にならって記述を追加。他の設定値は、他のマップファイルを参考に。

[MapData_Start]
80001 #他の設定ファイルから参照されるID
[ModelFile_Base]
1 #mqoファイル内のオブジェクト数
Map/tam_chapel/tam_chapel_01.mdl #mqoのオブジェクト毎にmdlがひとつ生成される
[MapData_End]

4. ビューワモードへの追加は \data\EditData\BG_Models.dat に下記に習って項目追加。 *要復号化&再暗号化

チャペル 80001 0,0,0,0
#リストに表示される名前/MapListのID/XYZ座標とY軸回転
#X軸が画面向かって右、Y軸が画面向かって上、Z軸が画面向かって奥

5. フリーHへの追加は \data\EditData\BG_H_Pos.dat に項目追加。 *要復号化&再暗号化


補足
ver.4ではmqoのマテリアルの透明度は反映されません。透過させたい場合は、テクスチャマップをTGAファイルに変更し、アルファチャンネルを加工。さらに、MDLファイルをテキストエディタで開いて、該当部分のTransparentを1に書き換えてください。

かわいそうなおとうさんさんのチャペルをこちらの方法で登録してみました。

tech_0335.png

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。